衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

首相、文民統制の明記検討
憲法9条改正 小池氏「議論避けられず」

2017/10/7 23:00
共有
保存
印刷
その他

 与野党8党首は7日夜、衆院選の10日公示を控え、インターネット番組の党首討論に臨んだ。安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法9条改正について、文民が自衛官を指揮監督する文民統制(シビリアンコントロール)の明記を検討する考えを示した。新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は9条改正論議は避けられないとの認識を表明した。

 文民統制とは、民主主義国家で政治が軍事に優先すること。首相はかねて9条への自衛隊の明記を主張する。小池氏から自衛隊の明記により文民統制が弱まる可能性を問われた首相は「変わらない。シビリアンコントロールをしっかりと明記すれば、よりくっきりする」と答えた。9条改正で自衛隊の活動範囲が広がるとの懸念を解消する狙いがあるとみられる。

 小池氏は改憲論議について「9条の議論ばかりにエネルギーが注がれてきた。それだけに憲法全体を見直す中で、避けられない部分だろうと考える」と語った。

 共産党の志位和夫委員長と立憲民主党の枝野幸男代表は自衛隊明記に反対する考えを強調。公明党の山口那津男代表は9条改正について「国民の理解が伴うことが重要だ」と述べるにとどめた。首相は与党内の姿勢の違いは連立政権に影響しないとの認識を示した。日本維新の会の松井一郎代表は教育無償化の憲法への明文化に意欲を示した。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ


選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した