/

この記事は会員限定です

グリーン選挙 どう独自色 維新・希望、イメージ色重複

[有料会員限定]

10日公示の衆院選で日本維新の会と東京都の小池百合子知事が率いる新党「希望の党」のイメージカラーが緑色で重なり、選挙協力する大阪以外の近畿各府県で各陣営が"独自色"のアピールに腐心している。演説で党名を前面に押し出したり、微妙な色の違いを強調したりと工夫を凝らすが、出馬予定者らには「有権者が混同しかねない」との懸念も。政策に耳を傾ける市民も「政党が判別しにくい」と戸惑う。

維新と希望は衆院選での選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン