相続税1.3億円脱税 大阪国税局、尼崎市の金属加工会社役員を告発

2017/10/7 17:59
共有
保存
印刷
その他

 母からの相続財産の一部を申告せず、相続税約1億3千万円を免れたとして、大阪国税局は7日までに、金属加工会社「協滋鉄工所」(兵庫県尼崎市)の前社長で韓国籍の姜太淑取締役(53)を相続税法違反(脱税)の疑いで神戸地検に告発した。既に修正申告を済ませたという。

 関係者によると、姜取締役は2014年4月に母が死亡した際、遺産の預金など約15億円のうち約2億6千万円を申告せず、相続税約1億3千万円を脱税した疑いが持たれている。

 また同局は架空の仕入れ代金を計上し、15年9月期までの3年間に法人税など約5500万円を免れたとして、法人税法違反(脱税)などの疑いでも姜取締役と法人としての同社を同地検に告発した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

姜太大阪国税局協滋鉄工所相続税脱税

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 0:19
17日 10:29
東北 17日 2:00
17日 2:00
関東 2:00
2:00
東京 17日 22:00
17日 2:00
信越 1:00
1:00
東海 17日 23:00
17日 21:43
北陸 1:30
1:20
関西 2:00
0:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
17日 11:30
九州
沖縄
1:59
17日 21:21

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報