2019年4月25日(木)

幻想の奥に潜む現実を暗示 ノーベル賞のイシグロ作品
英文学者・武田将明氏寄稿

2017/10/8 8:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ノーベル文学賞」といえば、老大家が受賞するものというイメージがあるが、カズオ・イシグロはとても気さくで、フットワークの軽い作家だ。だいたい5年に1冊のペースで小説を発表すると、1年以上かけて世界を飛びまわり、自作のプロモーションをおこなう。さまざまな国で作品を朗読し、メディアのインタヴューに答え、一般読者と交流する。近作『忘れられた巨人』が刊行された2015年に来日した際も、彼の作品を愛読する…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報