「希望」公認で構図激変 九州でも混乱続く

2017/10/7 11:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

希望の党の公認候補の決定で、九州の選挙区でも選挙戦の構図が大きく変わり、一部の候補者や地方組織の間では混乱も続いている。「影響が見通せない」「党本部から何の相談もない」。公示直前になってもめまぐるしく変化する情勢に、多くの陣営は困惑を深めている。

■宮崎1区

「『希望旋風』が全てめちゃくちゃにした」――。民進党宮崎県連のある幹部は憤る。

宮崎では民進党から出馬予定だった候補者2人が、5日までに出馬…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]