ICAN川崎氏、ノーベル賞「被爆者への賞」
日本は核禁条約再考を

2017/10/7 9:01
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ニューヨーク=高橋里奈】ノーベル平和賞受賞が決まった核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の川崎哲国際運営委員は6日、ニューヨーク近郊の空港で記者団に「広島、長崎の被爆者、核兵器の恐ろしさや非人道性を訴えてきた皆さんへの賞だ」と語った。7月に採択された核兵器禁止条約に参加しない日本は「再考を余儀なくされる」と、政府の方針見直しを訴えた。

 世界約100カ国の非政府組織(NGO)からなるICANは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

川崎哲ICANノーベル賞非政府組織中満泉

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 20:30
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 20:30
17:00
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報