2017年12月15日(金)

NY株8日ぶり下落 雇用統計で売りも 円は一時3カ月ぶり安値

北米
2017/10/7 8:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ニューヨーク=大塚節雄】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら8日ぶりに下落した。9月の米雇用統計で賃金上昇率が拡大し、失業率も低下。米利上げが加速するとの見方から売りが先行した。外国為替市場では朝方に円売り・ドル買い圧力が強まり、一時1ドル=113円44銭と約3カ月ぶりの円安水準をつけた。

 ダウ平均の終値は前日比1ドル72セント安の2万2773ドル67セント。雇用統計では予想外に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

NY株ダウ工業株30種平均ミサイル



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報