アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

TSMCの張董事長「日本は人材の流動性が欠如」
半導体受託生産の最大手、ファブレスの流れは止まらず

2017/10/7 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)を一代で築いた張忠謀(モリス・チャン)董事長が、2018年6月に引退すると表明した。米エヌビディアなどファブレス(工場なし)半導体企業の台頭を導き、総合メーカーによる市場の支配を突き崩した。株式時価総額は5兆8千億台湾ドル(約21兆円)で、今年3月には米インテル(約20兆円)を抜き去った。人工知能(AI)の発展のカギを握る半導体産業の未来図…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]