ハリケーン被害で7年ぶりの減少 9月の米雇用統計

2017/10/6 21:36 (2017/10/6 23:38更新)
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=河浪武史】米労働省が6日発表した9月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数が前月比で3万3千人減った。米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響が大きい。減少するのは2010年9月以来7年ぶりだ。

ハリケーン「ハービー」による洪水が襲った高速道路周辺(8月31日、米テキサス州)=ロイター
画像の拡大

ハリケーン「ハービー」による洪水が襲った高速道路周辺(8月31日、米テキサス州)=ロイター

 雇用者数の増減は8月(16万9千人増)からマイナスに陥り、市場予測(8万人増)を大きく下回った。飲食業が10万人超も減った。一方、全米の失業率は前月から0.2ポイント改善し、16年ぶり水準を更新した。先行きは災害復旧が雇用者数を押し上げる可能性もある。 6日午前のニューヨーク外国為替市場で円相場が下落し、1ドル=113円40銭近辺と7月半ば以来、約3カ月ぶりの円安・ドル高水準をつける場面があった。9月の雇用統計で賃金の上昇率が拡大し、失業率も低下。米利上げが加速するとの見方から米長期金利が上昇(債券価格は下落)し、円売り・ドル買いが先行した。

 その後は米金利の上昇圧力が収まるのにつれて利益確定の円買い・ドル売りが増え、統計発表前よりも円高水準の112円台後半で推移した。雇用者数の減少は「ハリケーン被害の一時的な影響」との受け止めが多い半面、「賃金上昇もハリケーンの影響が出ている」との声も出ている。

 同日午前の米株式市場ではダウ工業株30種平均が小幅安で推移した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

ハリケーン被害米国労働省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 14:30
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 18:00
17:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:23
10:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報