ロシアが米機密文書盗む、カスペルスキー製品経由か

2017/10/6 22:00
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は5日、ロシアのハッカーが2015年、サイバー防衛に関する米国家安全保障局(NSA)の機密文書を盗んでいたと報じた。NSAの契約職員が自宅に機密文書を持ち帰り、ロシアのカスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトが入ったパソコンに移したことで、ハッカーが文書を発見したもようだという。

 同社は声明で「ロシアを含むどの政府とも不適切な関係は持っていない」と関与を否定した。創業者のカスペルスキー氏は旧ソ連の国家保安委員会(KGB)が支援する専門学校で訓練を受けたとされ、同社ソフトは日本でも広く使われている。米政府は9月、カスペルスキー製品の使用中止を政府機関に通達した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 2:00
2:00
東京 19日 22:00
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 2:15
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
19日 22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報