2017年12月14日(木)

ノーベル平和賞にNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」
受賞理由に「北朝鮮の脅威」

2017/10/6 19:49
保存
共有
印刷
その他

 【ロンドン=小滝麻理子】ノルウェーのノーベル賞委員会は6日、2017年のノーベル平和賞を国際非政府組織(NGO)、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与すると発表した。核兵器禁止条約の採択に向けた取り組みを評価した。ノーベル賞委員会は「北朝鮮のように核兵器獲得を目指す国が増えている」と授賞の背景を説明した。

ノーベル平和賞受賞決定を祝う核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のフィン事務局長(中央)ら(6日、スイス・ジュネーブ)=ロイター

ノーベル平和賞受賞決定を祝う核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のフィン事務局長(中央)ら(6日、スイス・ジュネーブ)=ロイター

 ICANは2007年に設立。スイス・ジュネーブに本部を置き、世界約100カ国のNGOからなる。日本原水爆被害者団体協議会(被団協)とも連携し、核兵器廃絶を目指し、核保有国を含めて各国政府への働きかけや一般に向けたキャンペーンを進めてきた。

 ノーベル賞委員会はICANが「核兵器がもたらす人類への壊滅的な結末への注目を高め、条約を通じた核兵器廃絶の実現に画期的な努力をした」と評価した。受賞決定後に記者会見したICANのベアトリス・フィン事務局長は「各国は核兵器廃絶を宣言すべきだ」と述べた。

 国連は7月、核兵器の製造や使用などを幅広く禁止する核兵器禁止条約を採択した。ノーベル賞委員会はICANが同条約の採択に向けて市民団体として主導的な役割を果たしたと評価した。同条約は122の国が賛成したが、核保有国は参加せず、安全保障を米国の「核の傘」に依存する日本も不参加だ。

 ノーベル賞委員会の幹部は「今回の授賞が、国際社会がより効果的な核兵器廃絶の枠組みに向けて動き出すことにつながることを期待している」と述べ、核保有国に対して、「真剣な軍縮協議」の開始を強く求めた。

 賞金は900万クローナ(約1億2500万円)。授賞式は12月10日にノルウェー・オスロで開かれる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報