/

日本で取得の特許、ペルーで審査短く

特許庁は6日、ペルー公正競争・知的財産保護庁と特許の審査期間を相互に短縮する制度「特許審査ハイウェイ(PPH)」を導入すると発表した。国内で取得した特許をペルーでも出願した場合、現地での審査期間が短くなる。実施は11月。

ペルーでは医薬や輸送用機器など日本から年間で約50件の特許が出願されている。現地での審査期間は3年ほどかかるといい、PPHが始まれば最短で3カ月になる。日本とPPHを実施するのはペルーが40カ国・地域目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン