2017年12月13日(水)

第一三共、AIで電話対応を支援
薬の製品状況を提供 応答2分短縮目指す

経済
ヘルスケア
AI
2017/10/6 17:20
保存
共有
印刷
その他

 ■第一三共 6日、2018年4月からコールセンター業務の支援に人工知能(AI)を導入すると発表した。薬の製品情報に関する問い合わせに対応する。オペレーターに対して、AIが約9000種の回答例から質問にあった答えを探して提示する。新薬とワクチンの全製品に対応する。AIの導入で電話の応対時間を平均で2分短くすることを目指す。

 オペレーターが質問内容を復唱すると、AIが音をテキスト化して、関連する答えを探す。16年11月から7月まで、抗凝固剤「エドキサバン」の製品対応で試験導入した。利用データから正確性などを検証して、稼働に備える。対象となる問い合わせは日に500件あるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

エドキサバンAI第一三共



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報