2017年12月13日(水)

ベトナムのピナコ、古河電池と提携(NAR)

コラム(国際・アジア)
東南アジア
2017/10/6 23:01
保存
共有
印刷
その他

 ■ピナコ(ベトナムの鉛蓄電池メーカー) 年末までに、古河電池と「戦略的提携先」としての契約に調印する計画。最近、株主に送った書簡で明らかにした。ピナコは、古河からの先端技術導入を期待している。

 この5年契約には、古河からの技術提供やピナコの取締役会に代表を任命する権利や、いずれ株式を取得する権利などが網羅されている。古河は既にピナコの株式の10.54%を保有しており、51.43%の株式を保有するベトナム化学公団に次ぐ第2位の株主。

 今回の提携によって、生産課題の克服や経営基盤の強化、および販売促進の改善が可能になるとみられる。古河は2010年、二輪車向けより高度な密閉型鉛蓄電池を生産できるようにピナコを支援した。

 ピナコは現在、標準的な蓄電池と乾電池を生産しており、200の代理店を通じて国内で販売しているほか、カンボジアや中国、ミャンマー、スリランカ、アラブ首長国連邦(UAE)にも輸出している。

(ハノイ支局)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

株買い取り業務提携ピナコ古河電池ベトナム



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報