衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

改憲、9条の接点焦点 安保は北朝鮮に重点

2017/10/6 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 憲法に関する公約では、主に自民党、希望の党、日本維新の会が改正に積極姿勢を打ち出した。教育無償化を憲法に位置づける主張などが共通する。9条改正は自民、希望、維新が前向きで、どこまで接点を探れるかが焦点だ。外交・安全保障は、朝鮮半島情勢が緊迫するなか、各党とも北朝鮮政策に重点を置いた。

 自民は自衛隊の明記、教育無償化など4つを改憲項目に挙げた。実現時期には触れていない。安倍晋三首相は当初、2020…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

安倍晋三自民党日本維新の会枝野幸男北朝鮮民主党

主要ジャンル速報



選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した