衆院選2017

フォローする

岡山3区も保守分裂 自民、当選者を追加公認へ

衆院選2017
2017/10/6 11:50
保存
共有
印刷
その他

自民党は6日、衆院選(10日公示―22日投開票)の岡山3区で候補者を公認しない方針を決めた。党支部長の前職、阿部俊子氏は推薦にとどめた。引退した平沼赳夫元経済産業相の次男で、新人の平沼正二郎氏が無所属で立候補することも認めた。選挙後に当選者を追加公認する。埼玉11区、山梨2区に続き保守分裂の選挙を事実上容認する。

塩谷立選挙対策委員長は6日、党本部で記者団に「調整がつかなかった。選挙で戦ってもらう」と述べた。過去4回の衆院選では平沼赳夫氏が無所属や次世代の党公認などで阿部氏を破っている。阿部氏は比例復活で当選している。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ