2017年12月17日(日)

孫氏の「アジア送電構想」始動 託された元物産マン

ネット・IT
環境エネ・素材
2017/10/6 11:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が自ら「大風呂敷」と認める計画が動き出す。アジア中を送電網でつなげる「アジア・スーパーグリッド構想」だ。ソフトバンクは6日、モンゴルで同国最大規模の風力発電所の運行を始めたと発表した。孫氏の構想を託され、奔走しているのが三井物産出身の元商社マンだ。

■最大3万6000キロメートルの送電網

 モンゴルの首都ウランバートルから南に車で7時間。ゴビ砂漠の草原に、25基…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報