/

過労自殺、男性は「40代」最も多く 過労死白書

女性は10~20代

政府は6日、「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。過去5年の過労自殺の事例を年代別にみると、自殺者数は男性は40代、女性は10~20代が最も多いとする分析などを盛り込んだ。電通の違法残業事件や、それを受けた政府の緊急対策も紹介した。

2016年度に労災認定された過労死や過労自殺は191件。近年は200件前後で推移し、高止まりが続いている。白書は過労死等防止対策推進法に基づいて作成し、今回で2回目。

白書では、10年1月~15年3月に精神疾患で労災認定され、補償金の支給が決定された事案を分析。計368人(男性352人、女性16人)が過労自殺していた。

年代別に分析したところ、従業員100万人当たりの自殺者数は男性は40代が3人で最も多く、次は50代の2.8人。女性は10~20代が0.4人、30代が0.2人の順だった。

過労自殺が多い男性について業種別にみると、従業員100万人当たりの自殺者数は法律事務所や経営コンサルタントといった「学術研究、専門・技術サービス業」が4.7人で最も多く、「情報通信業」の3.9人が続いた。

白書では電通の新入社員、高橋まつりさん(当時24)の過労自殺にも触れた。各地の企業の本社への特別指導を始め、全社的に労働環境の改善に取り組むよう求めていることも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン