/

この記事は会員限定です

大商、医療スタートアップの創業支援

事業計画や資金調達を助言

[有料会員限定]

大阪商工会議所は医療系スタートアップの創業支援に乗り出す。大学や研究機関の研究成果を使って起業したい人を対象に事業計画や資金調達などを助言する。このほど大商支援企業の第1号が誕生した。関西は首都圏に比べてベンチャーキャピタルやエンジェル投資家が少なく、起業家を育てる環境整備が課題。今後は年1社のペースで会社設立を目指す。

中小企業を本来支援する商工会議所が、創業前の起業家を育成するのは珍しい。大商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン