7~9月の米人員削減計画、前期比6・2%減 低水準続く

2017/10/6 3:28
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用調査会社のチャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが5日発表した米企業・政府機関による7~9月の人員削減計画の累計は、前期比6.2%減の9万4478人だった。前年同期比では22.5%減り、7~9月期としては1996年以来の低水準となった。

 人員削減は、昨年後半以降低い水準が続いている。チャレンジャー社は「労働市場が逼迫する中で、予測される規制緩和や医療保険コストの変化を前に、企業は既存の労働力を手放さないようにしている」と分析した。

 無店舗販売の増加で再編が進んでいる小売業は人員削減が続いており、今年1月から9月末までに前年同期比36.8%増の7万1057人の削減が発表された。一方、採用計画も多く、9月末までに季節採用も含め52万473人の採用計画が発表された。

 9月の人員削減計画は3万2346人で前月比4.4%減った。前年同月比では27%少なかった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 18:16
16:18
東京 22:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 21:43
21:39
北陸 9:46
2:00
関西 17:00
13:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
21:21
21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報