/

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 「日の名残り」

【ロンドン=小滝麻理子】スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を日本生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。著作に「日の名残り」「わたしを離さないで」などがある。イシグロ氏は同日、BBCの取材に対し「大変な名誉を感じている」と語った。

授賞理由は「心を揺さぶる力を持った小説を通じ、私たちが世界とつながっているという偽りの感覚の下に深淵があることを明らかにした」。授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金は900万クローナ(約1億2500万円)。

イシグロ氏は1954年長崎県生まれ。5歳で両親と渡英し、大学では英文学と哲学を、大学院で創作を学んだ。82年に日本人を描いた「遠い山なみの光」で長編デビュー。89年の「日の名残り」で、英国最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞した。作品の多くは邦訳され、発行部数は計97万部。「わたしを離さないで」は日本でテレビドラマや演劇にもなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン