伊方3号機で冷却水漏れる 四国電「外部影響なし」

2017/10/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

四国電力は5日、定期検査中の伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の原子炉格納容器内で、冷却水を抜く作業ホース接続部から水漏れがあったと発表した。漏洩量は約530ミリリットル(推定)で、放射能量は国へのトラブル報告が必要な基準の半分以下の最大140万ベクレル(同)だった。外部環境などへの影響はないとしている。

四国電によると、機器の検査のため、燃料を冷やす冷却水を通常の配管から排水へ導く金属製ホースの接続部で水が漏れた。2秒に1滴のペースで漏れていたとみられ、作業員が発見し、手前の弁を閉めた。接続部に緩みがあったか、小さい穴など一部損傷があった可能性があるという。

原因は調査中だが、定期検査の日程への影響はないとみている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]