阿波銀と徳島労働局、働き方改革で連携

2017/10/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

阿波銀行と徳島労働局は5日、働き方改革の推進に向けた包括連携協定を締結した。県内事業所の職場環境の改善や雇用促進などについて、連携して取り組む。県内金融機関が労働局と同様の協定を結ぶのは初めて。

協定には、県内事業所のワークライフバランス(仕事と生活の調和)の推進や、労働生産性の向上、人材育成など7項目の連携・協力事項が盛り込まれた。具体的な取り組み内容は今後詰めるが、雇用環境の改善につながる助成金を阿波銀が取引先に紹介するなどの施策を想定している。

同日に開かれた締結式で、徳島労働局の鈴木麻里子局長は「県内企業の経営改善に貢献されている金融機関との連携が重要」と提携の背景を説明した。阿波銀の長岡奨頭取は「お客様の持続的な成長発展にさらに貢献できる」と期待を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]