/

この記事は会員限定です

誤算の連合 苦肉の政党支援見送り 希望と政策で隔たり

[有料会員限定]

民進党最大の支持団体、連合が10日公示―22日投開票の衆院選で特定政党の支援を見送る事態に追い込まれた。民進の前原誠司代表が合流を決めた希望の党に大半の前議員が合流できると見ていたが「排除の論理」を強行した小池百合子東京都知事の出方を読み誤った。さらに小池氏の手法に反発したリベラル系は新党結成に踏み切り、民進の分裂にまで発展した。

「前原代表の決断は不可欠だった。安倍政権に1強政治のおごりが表れ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン