/

豊田通商、近大の養殖マグロを海外に輸出、20年に年2000匹

豊田通商と近畿大学は5日、完全養殖技術で育てた「近大マグロ」の海外への輸出を本格的に始めると発表した。今秋から東南アジアなどで拡販を進め、2020年には海外で年間2000匹の輸出を目指す。世界的に天然資源の保護に対する関心が高まるなか、持続可能な完全養殖に注目が集まっており、技術力をアピールして拡販していく。

「近大マグロ」は卵から稚魚、成魚に成長するまでをすべて養殖で行うクロマグロ。近畿大学が02年に完全養殖技術を開発して脚光を浴びた。

現在は豊田通商と近畿大学の養殖施設で生産しており、17年は3500~4000匹を生産する見通しだ。生存率を高めるなどの手法で、20年には年6000匹まで生産能力を高める計画。これに合わせて、海外での販売を拡大させていく。

海外での販売は豊田通商が担い、東南アジアのレストランや小売店などに売り込んでいく。マグロだけでなく、近畿大学が技術支援して食縁(和歌山県新宮市)が生産している完全養殖ブリも輸出していく計画で、今後はほかの魚種の取り扱いも視野に入れるという。

豊田通商は10年に近畿大学とクロマグロの完全養殖事業で提携し、生産体制を整備。14年には成魚を「近大マグロ」として販売を始めた。豊田通商は長崎県と沖縄県、近畿大学は和歌山県にそれぞれ養殖施設を持つ。

クロマグロは天然資源の枯渇が懸念され、14年に絶滅危惧種に指定されるなど、日本で漁獲規制の強化が進んでいる。このため天然資源の保護につながる完全養殖技術が注目されている。豊田通商と近畿大学は「近大マグロ」などでこうした需要を取り込む考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン