/

この記事は会員限定です

新潟の吉乃川、伝統と革新で酒造り(老舗の研究)

[有料会員限定]

創業約470年の吉乃川(長岡市)は新潟県で最古の酒蔵とされる。伝統的な手作業にこだわりながら、いち早く機械化を進めるなど革新に取り組んできた。日本酒を気軽に楽しんでほしいと新たな飲み方の提案にも力を入れている。

高度成長期の1950年代半ばから業界に先駆けて酒づくりの近代化を進めた。1961年に自動で麹(こうじ)を作る機械を自社開発した。麹作りは人手で絶えず目を離さずに手掛けるべきだとされていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン