/

マクドナルド、22カ月連続プラス 9月の既存店7%増

日本マクドナルドホールディングスが5日発表した9月の既存店売上高は、前年同月比7.3%増だった。1991年の発売以来初めて刷新した「月見バーガー」が堅調で、22カ月連続でプラスだった。ただ、スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」との連携効果で昨年9月は客数の伸びが高かった反動で、16年1月から続いていた2桁増収は途切れた。

9月の客数は4.1%増と2017年12月期では最も伸びが低かった。刷新した月見バーガーが堅調だったが客単価の伸びも3.1%増にとどまったため、全体では2桁増に届かなかった。同社は「昨年のハードルが高かったためで、ビジネスは着実に成長している」としている。

17年1~9月の既存店売上高も前年同期比13.1%増と好調だ。ただ、客数の推移は1~3月が11.3%増だったが、7~9月では8.9%増と鈍化。8月に行ったマックとマクドの愛称をかけた商品対決などのキャンペーンで話題を集め続けているが、高い伸びを維持し続けるのは難しくなってきている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン