/

この記事は会員限定です

荒野にたつ「陸の港」 中国・カザフ国境地帯

「一帯一路」で物流の要衝に

[有料会員限定]

カザフスタンの最大都市アルマトイから荒野を車で走ること約4時間。大型クレーンがうなりを上げ、線路幅が異なる中国から到着した鉄道コンテナを積み替えていた。カザフ国鉄が2015年に中国国境のホルゴスに開いた「陸の港」と呼ばれる物流基地だ。

「この列車の行き先はドイツ西部デュイスブルクです」。運行部門の責任者によると、積み荷は自動車部品やIT(情報技術)機器などを主力とする。ここからドイツまでは10日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン