日本酒文化、国内外に発信 飯沼本家
一点突破

2017/10/6 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飯沼本家は江戸期の元禄年間に創業したと伝わる老舗の日本酒メーカーで、300年を超える歴史を持つ。10月から「SAKE(酒)文化創造企業」という新たな企業ビジョンを採用し、未来を見据えた事業基盤づくりに取り組んでいる。16代目として家業の陣頭指揮を取る飯沼一喜取締役は「単に造って売るだけでなく、日本酒の文化を広めたい」と意気込む。

日本酒の消費減少に歯止めをかけるには、若者や女性といった新たな顧客…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]