2017年12月17日(日)

「高レベル」だけではない 原発の廃炉ごみ処分地問題

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2017/10/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 原子力発電所から出る放射性廃棄物がクローズアップされている。きっかけは国が7月に「核のごみ」の処分地候補となる科学的特性マップを公表したことだ。だが、この対象には入らない、原発を解体した際に出る低レベル放射性廃棄物のほうが実は多い。科学的特性マップとは別に処分地の選定が必要だが、ほとんどケースで未定のまま。国内の原発は廃炉が次々に決まるなかで行き場のない廃棄物が放置された施設も出てきており、ごみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

低レベル放射性廃棄物の処分地問題

高レベルも処分地のメドが立っていない

除染廃棄物も大きな課題



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報