2017年12月18日(月)

東電、海上自衛隊と災害時連携 電力の早期復旧へ 訓練など

環境エネ・素材
2017/10/5 15:20
保存
共有
印刷
その他

 東京電力ホールディングス(HD)は5日、海上自衛隊と災害時の復旧に関して連携する協定を締結した。東電の発電設備に被害があった場合に、海自が必要な資機材や人員の輸送で協力する。東電は海自の災害救援拠点に円滑に電源供給などを行う。会議や訓練も定期的に行い、災害時の迅速な対応をめざす。

 海上自衛隊横須賀地方隊と協定を締結した。自然災害時の円滑な連携をめざすもので、適用範囲は東電HDの電気事業区域である関東と福島県、長野県、静岡県の1都10県。

 海自は発電設備の早期復旧で協力する。東電が離島で供給するディーゼル発電の設備が故障し、護岸も破壊された場合の発電車の輸送や、発電所や変電所が孤立した際の物資などの空輸を想定する。東電は海自の救援活動に必要な施設に電源や通信回線の提供などを迅速に行う。

 また、訓練や会議を共同で行い、災害発生時には救援・復旧に必要な情報も共有する。

 東電HDは陸上自衛隊とも2013年に災害時の連携協定を結んでいる。5日の締結式で東電HDの小早川智明社長は「今回の連携を通じて災害対応力の強化に努めたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報