2019年5月27日(月)

三陸のカキ料理、Tポイント会員が開発

2017/10/5 14:00
保存
共有
印刷
その他

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のTポイント・ジャパンは5日、共通ポイント「Tポイント」の会員が開発に携わった商品を発売した。会員の購買データなどから「魚介好きで食にこだわりがある人」を選び、生産者などとカキ料理を共同開発した。Tポイントに加盟しているスーパーなどで販売する。

Tカードで得られる購買データなどを活用し、地域の課題解決に取り組む「Tカードみんなのソーシャルプロジェクト」の第1弾として、東北の三陸地域のカキを使った商品づくりに取り組んだ。魚介類を好きな9人の会員が生産者や小売店などと共同開発した。

発売するのは「カレーとガーリック味の大きなカキフライ」(10個、税別1480円)、「パセリとチーズ味の大きなカキフライ」(同)、「カキとバジルのオイル漬け」(140グラム、同1280円)の3種類。マルエツやマミーマートなどの食品スーパーの一部店舗、ヤフーが運営する電子商取引(EC)サイト「東北エールマーケット」で販売する。

参加した東京都在住の会員、八木志津香さんは「カキは広島県というイメージが強いけれど、三陸のカキの魅力を知ってほしい」と語った。Tポイント・ジャパンは商品開発を通じ、地域の魅力を発信する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報