/

カタルーニャ独立、EUが反対

欧州議会議長「危険な分断」警告

【ブリュッセル=森本学、バルセロナ=白石透冴】スペインのカタルーニャ州の独立問題を巡って、欧州連合(EU)の欧州議会のタヤーニ議長は4日の声明で、同州が一方的にスペインから「独立宣言」することに反対を表明した。EUに仲介を求めていた州政府に反対する姿勢を明確にした。州政府は9日の州議会で独立宣言に関して協議する考えだが、独立問題の行方はさらに混沌としてきた。

カタルーニャ州のプチデモン州首相は4日夜にテレビで声明を発表し、独立宣言の日時について「州機関が数日内に、住民投票の結果を取り扱う」と話した。地元メディアによると、プチデモン氏は9日朝(日本時間同日夕)に州議会で、住民投票の結果について説明する見通し。今後の独立宣言のタイミングなどに言及する可能性がある。

ただ、独立に中央政府は反対姿勢を崩していない。プチデモン氏は「中央政府は提案があるにもかかわらず、前向きな対応をしようとしない」と批判した。同氏はスペイン国王が3日に州政府を「国の安定を脅かしかねない」と非難したことに対しても「カタルーニャとの関係を悪化させたラホイ政権に同調し、多くのカタルーニャ人を失望させた」と不満を表した。事態収拾の道筋はさらに不透明になっている。

膠着する状況打開に向け、州政府はEUによる仲介を求めてきた。プチデモン氏は「既にいくつか仲介の提案をもらっている」と説明したが、欧州議会のタヤーニ氏は独立を強行すれば「欧州の法秩序に反し、必ずや危険な分断を引き起こす」と警告。事実上、仲介を拒否し、スペイン中央政府と州政府の双方に冷静な対話を呼び掛けた。

欧州議会は4日、仏ストラスブールで、カタルーニャの独立問題を集中討議。タヤーニ議長の声明は討議の議長総括として公表された。

討議にはEUの執行機関である欧州委員会のティメルマンス第1副委員長も出席した。スペイン政府の強権的な対応で独立派に多くの負傷者が出たのは「悲しむべきことだ」としつつも、自治州が住民投票を断行したのは「法の無視」だと批判。「法の支配はEUの根本で、選択可能なものではない」と訴え、中央政府との対話を促した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン