2017年12月12日(火)

国環研、ヒアリを90分で判定 17年中にも検査法開発

科学&新技術
2017/10/5 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国立環境研究所は南米原産の強毒アリ「ヒアリ」を、90分で他のアリと見分ける技術を年内にも開発する。生物の設計図とされる遺伝子を試薬で調べる。これまでは専門家がいる大学などに送り、顕微鏡などで調べるため5日程度かかった。新技術はその場でヒアリの可能性が高いとわかり、迅速な駆除に役立つ。

 ヒアリは兵庫県で6月に国内で初めて発見され、これまでに東京都や大阪府など11都府県で見つかっている。かまれると死…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ヒアリ国立環境研究所アリ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報