2017年12月14日(木)

工事後の姿映すARアプリ 大林組、ビル建設を効率化

スキルアップ
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2017/10/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 建設会社の担当者と、何度もビルの耐震補強工事の事前打ち合わせを重ねた。完成イメージも見せてはもらっていたものの、でき上がってみると、どうも補強部材が周囲となじんでおらず、違和感がある――。こんな顧客の声を未然に防ぐため、AR(拡張現実)を使って事前の合意形成を図ろうと取り組んでいるのが、建設大手の大林組だ。

■建物の刷新イメージをARで共有

 大林組は今年(2017年)3月、iPadのカメラで撮影し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

iPad大林組

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報