/

この記事は会員限定です

日産、「リコールの優等生」がはまった落とし穴

[有料会員限定]

日産自動車が121万台の大規模リコール(回収・無償修理)に追い込まれた。クルマは3万点もの部品からなる複雑な工業製品。どんなメーカーもリコール知らずとはいかない。むしろ問われるのは、欠陥が発覚した際の対応だ。かつてトヨタ自動車などを引き合いに「リコールの優等生」と呼ばれた日産のどこに慢心があったのか。

最初の会見は広報など2人

自動車のリコールは通常、国土交通省が定める保安基準を満たさない欠陥が発覚した場合に実施される...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン