医療ミスでぼうこう結石、ステント2年超放置 高知

2017/10/5 8:25
保存
共有
印刷
その他

高知県は5日までに、県立あき総合病院(安芸市)で手術した70代女性の尿管にプラスチック製のステント(筒)を2年以上にわたり放置し、ぼうこう結石ができる医療ミスがあったと発表した。女性は別の病院で結石とステントの除去手術を受け、現在は回復している。

県によると、あき総合病院は2015年1月、女性に手術をした際、尿の流れを確保するため尿管に直径2ミリ、長さ26センチのス…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]