訪日客の不満 「風景・建築物の解説不足」が増加
政投銀など調査

2017/10/5 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政策投資銀行と公益財団法人日本交通公社がまとめた2017年版の訪日外国人意向調査で、風景・建物の見やすさや説明に関する不満が高まっていることが分かった。観光地で十分な解説や説明が得られないためとみられる。「訪日外国人のリピーター獲得には、観光地の見やすさや説明の充実が必要だ」(同行地域企画部)と分析している。

調査は6~7月、中国や香港、タイなどアジア8カ国・地域と、米国やフランスなど欧米4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]