/

北朝鮮北米局長、ロで米政府関係者と接触の見通し RFA報道

【ソウル=山田健一】米政府系の自由アジア放送(RFA)は4日までに、北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)北米局長が、ロシアで米国の元政府関係者と接触する見通しだと伝えた。米外交消息筋の話としている。北朝鮮の核問題について米朝両国が意見交換する可能性がある。

RFAによると、崔氏は19日からモスクワで開かれる核不拡散関連の国際会議に同省傘下の米国研究所所長の肩書で出席する。米国側からはウェンディ・シャーマン元国務次官やロバート・アインホーン元国務省特別顧問らが参加するという。

崔氏は9月にもモスクワを訪ね、ロシア外務省で朝鮮半島情勢を担当するブルミストロフ巡回大使と会談した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン