/

この記事は会員限定です

アジア製薬、売上高ランキング インド勢、海外開拓で先行

[有料会員限定]

アジアの製薬業界でインド・中国勢の存在感が一段と増している。製薬各社の実力を売上高で比較すると、首位のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズをはじめ、インド企業が上位を占めた。インド企業はM&A(合併・買収)をてこに米国など海外市場の開拓で先行。中国勢は高齢化や所得向上で拡大する自国市場で売り上げを伸ばす企業が目立ち、5期前にはゼロだった時価総額100億ドル(約1兆1000億円)超えの企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン