/

この記事は会員限定です

次世代エコカーと薄型TV 競争こそ革新力鍛える

編集委員 竹田忍

[有料会員限定]

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)や九州電力玄海原発4号機(佐賀県)などで原発再稼働に向けた動きが続く。一方、原発停止で電力が不足した時期に省エネルギー機器や再生可能エネルギーが普及し、節電活動も浸透した。電力の需給バランスが様変わりし、電力会社が需要喚起策に悩む想定外の事態に陥るかもしれない。

電力各社は節電活動を考慮して控えていた省エネ型電気給湯器「エコキュート」のCMを再開した。三菱電機の杉山武史執行役副...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン