2017年12月15日(金)

メキシコは本当にNAFTAの勝ち組か?
メキシコシティ支局 丸山修一

コラム(国際・アジア)
中南米
2017/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米国、カナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が本格化している。トランプ米大統領はNAFTAで国内製造業の雇用がメキシコに奪われ、メキシコに対する貿易赤字が膨らんだと主張。「最悪の協定」とこき下ろした。では批判の対象になったメキシコにとってNAFTAは「最良の協定」といえるのだろうか。確かに外国企業が工場を設け、米国への生産輸出基地として経済成長を成し遂げた。しかし成長の裏で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報