パナソニック、鍵いらずの電動自転車
業界初、100周年モデルに追加

2017/10/4 16:50
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは4日、11月20日に後部に子どもを乗せることができる電動アシスト自転車を発売すると発表した。自動車で使う電子キーを業界で初めて採用した。かばんやポケットにキーを入れておけば、子どもや荷物を抱えた状態でもハンドルの電源ボタンを押すだけで解錠できる。同社が2018年に100周年を迎えるにあたって発売する記念商品群に加える。

電動アシスト自転車に車と同じようなシートベルトを採用した

子どもを乗せるいすには車と同じようなシートベルトを初めて採用した。両肩から回してベルト装着した後にレバーを押すだけで体に密着するように調整する。子どもの着衣などに合わせてベルトの長さを変える手間を省ける。

フレームの一部をアルミ製に変えたことで従来より軽くなった。フレームの形状もサドルからハンドルまでの距離が長いため男性でもまたぎやすい。

子育て用の高級モデル「ギュット」シリーズの新製品で、店頭想定価格は税別19万8千円。同シリーズ全体として発売後1年で8万5千台の売り上げを目指す。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]