/

この記事は会員限定です

食品原産地表示1カ月 メーカー、対応手探り

[有料会員限定]

全ての加工食品を対象とした「原料原産地」の新表示ルールの施行から1カ月。完全実施は2022年4月からで、目立った表示変更の動きはみられない。規制の範囲内で緩い表示をどこまで消費者が許すのか、食品メーカーが他社の動きを探り合っている面も大きい。競合他社をみながら、適正な表示法を探る状況が続きそうだ。

10月1日までに複数の都内スーパーでレトルト食品や缶・びん詰、冷蔵・冷凍食品などの表示を調査した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン