/

この記事は会員限定です

変わる中銀の人材像

[有料会員限定]

「元日銀」。銀行や証券会社、金融関連の業界団体でこの経歴に触れる機会は多い。中央銀行で得た専門知識や経験は新たに採用する企業や団体にとって魅力だ。だが、日銀からすれば人材流出という悩ましい問題。人材が少ない先端分野なら、なおさらだ。

9月29日、IT(情報技術)ベンチャー、マネーフォワードの新規株式公開(IPO)が金融市場の話題になった。主力商品の会計ソフトが注目産業のフィンテックに関わるためだ。

同社で事業開発や渉外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン