/

この記事は会員限定です

FX取引、倍率規制強化に広がる波紋

経済部 浜美佐

[有料会員限定]

外国為替市場で緩やかな円安基調が継続している。日本の個人投資家が手掛ける外国為替証拠金(FX)取引では、円安時に「逆張り」で外貨への投資が増える傾向があり、取引高が膨らみやすい局面だ。ただ、FX業者の顔はさえない。金融庁がこのFX取引の規制強化を検討していることが伝わったためだ。金融庁が検討するのは、投資家が預けたお金(証拠金)で何倍の取引ができるかを定める証拠金倍率(レバレッジ)の上限の引き下げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン