2018年1月22日(月)

サンテックがメガソーラーの管理を受注 佐賀市で

2017/10/4 11:38
保存
共有
印刷
その他

 中国の太陽光パネル大手、サンテックパワーの日本法人(東京・新宿・高瞻社長)は、佐賀市で新たに稼働したメガソーラー(大規模太陽光発電所)の保守管理業務を受注したと発表した。出力2740キロワットの発電所。1000キロワットあたり年間約200万円で請け負うという。

 発電所を保有する太陽光発電開発のフォトン・ジャパン(東京・港、湯沢正律社長)などがつくる合同会社から受注した。発電所はサンテックの太陽光パネル8700枚を使っているという。

 これでサンテックが保守管理する太陽光発電所は12カ所、計2万5600キロワットとなった。国内の太陽光発電の新設需要が減少するなか、サンテックは保守管理ビジネスを強化している。5月には、長野県佐久市のパネル工場を発電所を遠隔管理するための拠点に切り替えている。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報