2019年8月21日(水)

ボール任せ 風任せ

フォローする

青木功の持論 不器用な一徹者がうまくなる
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/10/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

米男子ゴルフツアーの2017~18年シーズンが10月に開幕。国内ツアーも終盤のビッグトーナメントが目白押しで、楽しみな季節がやってきた。

テレビや雑誌などでプロのプレーを眺めるだけではなく、われわれアマチュアにとっても絶好のゴルフシーズン到来。コンペを控えて、足しげく練習場に通っている方も多いだろう。

83年のハワイアン・オープン最終日18番。左ラフからの青木の第3打=牧野泰撮影

83年のハワイアン・オープン最終日18番。左ラフからの青木の第3打=牧野泰撮影

とはいえ、意のままにならないのがゴルフ。なかなか迷路から抜け出せない。

不器用で頭の固い人向き?

この8月31日に75歳になった青木功がかつて、こんなことを言っていた。

「ゴルフはね、不器用で頭の固いやつに向いているかもしれないね。どちらかといえば、オレもそうだね」

「頭が固い」はともかく、「不器用」だとはとても思えない。

1983年の米ツアー、ハワイアン・オープン(現ソニー・オープン)。最終日18番(パー5)の3打目(128ヤード)をピッチングウエッジで直接カップインさせてイーグル。大逆転で初優勝したシーンは、今も折に触れ目にすることがある。

80年の全米オープンで、その青木と4日間同じ組で死闘を演じたジャック・ニクラウス(米国)は「100ヤード以内のゲームはアオキが世界一」と評価した。事実、部門別ランキングの「バンカーセーブ率」(バンカーから2打以下でホールアウトした確率)や「平均パット数」では毎年上位に名を残し、「オリエンタル・マジック」とまで評判になった。

不器用どころか、ショットの「引き出し」が無数にあるようにすら感じられるが、本人は否定していた。

「一つのことしかできないし、したくない」

青木といえば、独特のスイング、プレースタイルで有名だ。

深い前傾姿勢から、ベタ足、手打ちのショット。キャッシュイン型パターをハンドダウンで構えトゥ部分を浮かせてリストを使ってのパッティング……。どれも「ゴルフの教科書」に書いてあることとは程遠い。

アプローチでも、いまはやりのボールを高く上げて止めるショットはほとんどせず、可能な限りロフトの立ったクラブを使ってボールを転がそうとした。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。