/

この記事は会員限定です

宇都宮の女性バーテンダー 栃木食材でカクテルを

(人物ファイル)

[有料会員限定]

「カクテルの街」を掲げ、街おこしに取り組む宇都宮。多くの酒場がひしめく市中心部の泉町で添加物などを使わず、地元産の果実酒を売りにする異彩を放つバーがある。そのオーナーバーテンダーが原百合子さんだ。

大学卒業後になったOLは、希望に反し内勤だったため「半年で脱落」。たまたま訪れた市内の老舗バーで「バーテンダーを探している」といわれ、試しにカクテルをつくると「おいしい」と太鼓判を押された。気づくと翌日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン