/

この記事は会員限定です

中南米、「米抜き」自由貿易を推進

ブラジル・アルゼンチン、政権交代で積極姿勢に

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】中南米諸国が、保護主義に傾く米国をよそに「米国抜き」の自由貿易圏づくりに注力している。ブラジルやアルゼンチンなど南米4カ国でつくる南米南部共同市場(メルコスル)は、欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)交渉を再開。チリやメキシコなどで構成する中南米のもう一つの共同体「太平洋同盟」も、オーストラリアやカナダなどを準加盟国に加える交渉に着手する。

メルコスルとEUは2日、ブラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン